群馬県|整骨院での正中神経麻痺

【無料の企業PR広告】
■該当件数1件 | 1 |
TOP > 群馬県 > かわうち はり灸整骨院

正中神経麻痺

整骨院での正中神経麻痺


手根管症候群は正中神経の障害としてよく見かける障害です。

正中神経は手にとって最も重要な神経で、正中神経の傷害は、鋭敏な感覚と巧緻性を要求される手にとって致命的なダメージになります。
正中神経は、母指(親指)から環指母指側1/2までの掌側の感覚を支配し、前腕部では前腕の回内や手首の屈曲(曲げること)、手指の屈曲、さらに手部では母指の付け根の筋肉(母指球筋)などを支配しています。

肘の少し上で正中神経と分かれる前骨間神経は母指の第1関節の屈曲と示指の第1関節の屈曲をする筋肉などを支配していますが、皮膚の感覚は支配していません。

症状

正中神経の傷害がどこで生じているかによって症状が異なります。

肘より上のレベルの外傷による傷害では麻痺の程度はさまざまですが、母指から環指母指側1/2までの掌側の感覚障害、手首の屈曲(曲げること)、手指の屈曲、さらに手部では母指の付け根の筋肉(母指球筋)の筋力が障害されます。

前腕から手首までの間の正中神経の傷害では手根管症候群と同様の症状(母指〜環指1/2指の感覚障害と母指球筋障害)を呈します。
前骨間神経麻痺では母指と示指の第1関節の屈曲ができなくなりますが、皮膚の感覚障害はありません。その時に母指と示指で丸を作らせると母指の第1関節過伸展(そり返り)、示指の第1関節過伸展となり、涙のしずくに似た形となり、“涙のしずくサイン”陽性になります。

原因と病態

原因

正中麻痺の原因は、開放創や挫傷(ケガ)、骨折などの外傷、手根管症候群や回内筋症候群などの絞扼性神経障害、腫瘍・腫瘤、神経炎などにより生じます。前骨間神経麻痺の原因は、神経炎、転位の大きな上腕骨顆上骨折などの外傷、運動のしすぎによる回内筋症候群などの絞扼性の神経障害などで生じます。

病態

外傷などで正中神経が切断、牽引、挫滅などの傷害を受けることがあります。前骨間神経は神経炎で生じることが少なくありません。